麻雀で強くなるためのポイント

日本の文化考察・麻雀のことなど

麻雀が強くなるために必要なこととは

【初回添削結果】
ミスのグレードをC~Sの4段階に格付けしています。(Sが無くなれば四段、Aが無くなれば六段程度、目安にしてください。)

 

①【東1局6巡目】(A級ミス)
牌効率に従って6ソー切り。頭候補が3つあるので4446の連続形は不要。

 

②【東3局3順目】(C級ミス)
ラス目でドラ2、タンヤオで和了できそうなこの局面では白を切って最短和了を目指します。ターツ候補が不十分なので8萬も戦力構想に入れます。

 

③【東3局7順目(打8ピン)】(B級ミス)
ターツオーバーでどれを切るか。ポンできるメリットとタンヤオ確定を考慮しても、受け入れ枚数と最終形の確率で69ピン両面を残す6ソー切りが勝るでしょう。親もテンパイ近いので安全牌の6ソー2枚落としで手を進められるのもメリットです。

 

④【東3局12順目(打3萬)】(B級ミス)
自手も最高のイーシャンテンですが、親がテンパイ気配なので守備も考慮する必要があります。親に通りそうな(現物、下家の捨牌、親のフーロ牌等から予測)萬ピンソーの筋を数えてみると、もう通っていないのはほとんどマンズだけなので、イーシャンテンの良さに大差が無い今回のような場合は、
現物の6ソー切りが正解です。

 

⑤【東4局3巡目(打1萬)】(C級ミス)
ご明察のとおり、守備的に進める局面です。ここでは打5萬として、安全度で勝る1萬を残しつつ、中が鳴けなかったときや中を安全牌として残しながら手を進めることもできるチャンタを第2の手役候補とします。( 1ピン引き1つでチャンタのターツが揃うので。)

 

⑥【東4局6巡目(打1ソー)】(C級ミス)
点差のあるトップ目であり、サクッと和了を狙いつつ守備は崩したくない局面。ドラ5ソー手変わりもありますが、打4ソーとして打点よりもアンパイである1ソーを残したい。

 

⑦【南1局10巡目(打9萬)】(A級ミス)
打9ピンが最も安全です。スジの端牌は、カンチャン、シャンポン待ちが無いのでオタ風字牌とほぼ同じ程度の危険度しかありません。

 

⑧【南1局13巡目(打9ソー)】(B級ミス)
打7ピンとして対面の共通アンパイ9ソーを残します。対面はダンラスなのでいつ攻めてきてもおかしくありませんので常に警戒します。次巡の発のところでも同様です。

 

⑧【南2局7巡目】(B級ミス)
トップ目なので打点不要。局を進めるのが最優先課題です。7ピンチーして南バックでテンパイ取ってしまいます。いつでもオリれて守備に優れるバックテンパイはむしろ歓迎すべきです。

 

⑨【南2局2本場4巡目打2ソー】(A級ミス)
アンパイとしても最高の北暗刻があるので東は不要です。打東で最短和了へ。

 

⑩【南2局2本場5巡目】(S級ミス)
⑨同様の理由で、急所の2ピンはチーして最短和了へ。

 

⑪【南2局2本場11巡目打8ソー】(SSSSSSSSSSSSS級ミス)
他の全てのミスを全部足したものに匹敵する重大なミス。冷静に考えれば、トップ目のリャンシャンテンから1発目無スジ押しはありえない。
後から振り返れば分かるが打っている最中だとアツくなって判断が狂う面の典型的な例。
「最初は優勢だったのになかなか手が進まなくてイライラ‥そんなところにリーチが来る。こんな牌当たってたまるか!と押して放銃。」のパターン。
直前までの攻め気を1瞬で切り替えるのは難しいが「超」重要(上家からのリーチは考える時間が少ないので特に。)
こういった闘牌中の考え方については、麻雀でミスを減らす具体的な方法」を参考にしてください。

 

⑫【南3局7巡目打2ピン】(S級ミス)
時間切れでしょうか?選択肢はテンパイ枚数最多の打5ソーか、打点と最終形を重視した打2ソーのどちらかになります。

 

⑫【南4局5巡目打4萬】(S級ミス)
対面の直撃と親満貫に注意しつつ、満貫ツモでトップを狙う局面です。この手ではリーチツモドラの3役+一発か裏を狙うので、手なりに打8ソーとします。「確定満貫はなかなかできるものではないので、無理に手役を狙って遅くなるより、素早く手を作って一発か裏で1役乗せるほうが簡単」というのは基本なので覚えておきましょう。

 

 

麻雀がうまくなるための最短ルート

 

 

 

 

麻雀の最短上達ルートとしては、

 

①少々難しいですが下記のサイトで牌効率をマスターし、http://yabejp.web.fc2.com/mahjong/tactics.html

 

②「科学する麻雀」で平場の基本的な押し引きをマスターし、

 

③天鳳で打ち込み牌譜を検討。

 

④疑問点は添削で解決。

 

 

これだけでも短期間で五段には到達可能だと思いますが、

 

五段到達後、、

 

福地本で実戦で訪れる微妙な選択への考え方、引き出しを増やし、

 

「魔神の読み」で更なる高みへ、、

 

といった形で役立てればよいかと思います。

 

 

魔神の読みは現段階で見ても混乱するだけだと思いますし(特に2章)、福地本も引き出しを増やすためには役に立ちますが、いわゆる"A級ミス"やそれ以上のミスが頻発するレベルでは不要に思います。

 

 

それでは、勝ち組目指してがんばって参りましょう。

 

今週の添削結果です。大荒れの半荘ですね@@;

 

 

【東3局6順目打7ソー】(S級ミス)
8ソーテンパイを逃すのはかなり痛いので、打3萬とします。トップ目なので3900で不満はありません。

 

【東3局9順目打4ピン】(SSSSS級ミス)
現物の3萬を直前に対面が切っています。集中しましょう。

 

【東3局1本場6順目打6萬】(A級ミス)
どちらかのドラが出て行きそうで1瞬迷う局面ですが、両面の56萬を残して98ピンを切っていきます。5-8ピンを引けば1萬トイツ落としでドラを全部使えますし。

 

 

【東4局6順目打9萬】(B級ミス)
1ソーが2枚切れており、アンコにならない上、間2ソーの受けも残るので、裏目のない打1ソーが正解。その後のベタオリはお見事。

 

【南1局8順目打9ピン】(S級ミス)
安牌の3ソーがあります。

 

 

【南3局3順目打2ピン】(B級ミス)
246ピンのリャンカン形は残して、打8ソーとします。7ピンをツモってこの形になるのは事前に想定しにくいので短時間での判断には牌効率の慣れも必要。
< div>その後の良形イーシャンテンを捨てての2軒リーチへのオリはお見事。

 

 

【南4局9順目7萬チー】(A級ミス)
クリックミスでしょうか?

 

 

 

 

安牌の見落としと思われるミスが2つありましたね。一方で、2軒リーチへの見事なオリも2つありました。
オリるテクニックは持っていますので、ミスを減らしていきましょう。
実戦では、手牌に意識がいっていると、直前に他家の切った牌を見落とすことがよくあります。こういう見落としポイントに注意しておけばミスは格段に減るのでかなり効果的ですよ!

 

 

○リンク先サイト様

 

キャバドレス 通販おすすめショップはここ!

ポン・チーの見逃しをしていないか?

技術面のほかに、意外と多いのがポンやチーの声が出ないとかとっさに反応できないという状態です。

 

 

これは、自分の手を把握する能力のほかに、視力が悪かったり乱視だったりするせいで、牌を見逃してしまっていることも多いのです。

 

 

そのため、たかが麻雀といえども、視力のことまでケアしておきましょう。

 

 

コンタクトレンズを買う場合、カラコンを買うか普通のコンタクトレンズを買うかという選択になりますが、最近ではカラコンのほうが安かったりします。

 

 

なぜかというと、カラコンは国外の工場で生産して直販しているのがほとんどですが、通常のコンタクトレンズはメニコンなど国内メーカーがメインなので割高なのです。

 

 

ですから、麻雀用の安いコンタクトがほしいならカラコンがおすすめということになります。

 

 

これからカラコンの度ありを激安で買いたいという人はカラコン 激安情報サイトが参考になると思います。

 

このサイトは女子向けですが、眼球の大きさは男女差が少ないので問題なく使えます。

 

 

一応、おしゃれにもなるのでデザインも余裕があれば選んでみてください。

 

 

盲点になりやすい視力の問題とカラコンの紹介でした。


ホーム RSS購読 サイトマップ